虫歯ができる仕組み

スウェーデンスタイルの治療法では、虫歯にならない為の予防治療をするのが一般的です。歯医者さんというと、どうしても痛くなった歯を直しに行くところという認識がまだまだ強く、また、あの機械音が苦手という方も多いかと思います。そもそも歯が痛くなるということは、虫歯になっているということなのですが、みなさん虫歯になる仕組みをご存知でしょうか。
虫歯は歯に付いている歯垢が持つ虫歯菌が食べ物に含まれる糖分を分解して、酸を発生させ、歯が溶けていくことで発生します。正確に言うと、歯が溶けることを脱灰と言います。歯は表面がエナメル質でできていて、脱灰により、歯の表面にあるカルシウムなどのミネラル分を溶かします。

虫歯の予防策として挙げられるのが、再石灰化と言われる効果です。再石灰化とは脱灰により歯の表面が酸で溶けるのを防ぐことを言い、それは口の中にある唾液が酸を中和する役目を持っているので、その唾液をいかにして増やすかが鍵となります。主な予防策としては、キシリトール入りのガムを日常的に噛むことです。ガムを噛むことで、再石灰化を促し、唾液を増やすことに繋がりますし、キシリトールという成分には脱灰を抑える効果もありますので、手軽にできる虫歯の予防策としては一番簡単にできると言えるでしょう。