スウェーデンスタイルの歯科治療

歯が痛くなったときにみなさん歯医者さんに通院するかと思いますが、歯の治療といって、思い浮かべる治療法と言ったらみなさん何を思い浮かべるでしょうか?虫歯になったときは銀歯を入れたり、何らかの理由で歯を失ってしまったときは、インプラントといった、限りなく歯に近い、人口歯を入れたりといった治療法が一般的ではないでしょうか。しかし、今はスウェーデンスタイルの歯科治療が流行っていることをみなさんご存知でしょうか?

スウェーデンは世界的に見ても、歯科治療の最先端で、1960年代では、歯は痛くなったら治療するといったような治療法しかなかった時代に、世界で初めて予防という治療法を打ち出しました。また、1970年代には大規模な歯の予防プログラムが実施され、そのプログラムにより、国民の多くが歯の重要性を理解し、今では大人の80%、子供に関してはほぼ100%の人が、歯の定期検診を受けています。それに比べて日本の定期検診の受診率は10%以下でまだまだ歯が痛くなってから治療するという認識が強く、歯だけで言えば世界的に見ても一番の後進国と言えるのです。このままの状態を続けていると、結局、歯が痛くなってから治療をして、直しての繰り返しとなってしまう悪循環になりますし、結果的に見ても、高齢になった時に自分の歯が全く残っていないなんてこともあり得ます。

そうならない為にも、今、スウェーデンスタイルの治療法を推奨している歯医者さんが増えてきています。歯を健康に保つ為にもぜひ、スウェーデンスタイルの治療を実施してみはいかがでしょうか?